HOME > 遺言書の作成のすすめ

遺言書の作成のすすめ

どんな場合に遺言を作成するのか?

特に、以下の方は、遺言書作成をお勧め致します。
相続を争続にしないようにするために
どんな場合に遺言を作成するのか?

  • 許認可申請の手続き
    建設業、運送業等営業許可の申請、帰化申請
  • 会社法務等
    会社設立、議事録、社内規定の整備、給与事務など
  • 遺言/相続
    財産を整理し、遺言書を残したいなど
  • 自動車登録
    自動車登録及び車庫証明取得

こういったケースで、遺言書がない場合、財産が遺されていると、相続関係が複雑になり遺産分割協議が難航する傾向があります。
被相続人と全く交流のなかった兄弟姉妹が配偶者に対して相続権を主張したり、遺産分割のハンコ代を要求したり、無用な費用及び不快感を、遺産を相続するのが通常であろうと思われる方に負担させることになります。

大事な人に無用な負担を掛けさせないためにも、遺言書は絶対作成すべきです。
ただ書けばいいわけではないのが遺言なのです。遺言は要式行為と言われ、一定の様式を欠いている遺言書は効力を認められず、不動産の名義変更(相続登記)に実際使えません。そうならないためにも、事前に専門家に相談されることをお勧めします。

当事務所では、死亡後にすぐ使える(家庭裁判所による検認手続が不要な)公正証書遺言をお勧めしておりますが、遺言に必要な証人2人がいらっしゃらない場合、証人も承っております。
あなたの大事な人のために遺言書作成しておきましょう!

また当事務所では遺言書作成に関して下記のようなサポートもおこなっておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい

自筆証書遺言”保管”サポート

自筆証書遺言の短所として、保管が難しいという点があります。
簡単に見つけられては中身を見られたり、改ざん・破棄・隠匿されるおそれがあります。
一方で、隠しすぎると死後発見されないおそれがあります。
このように自筆証書遺言の保管は相反する要請に答える保管場所でなくてはなりません。
そこで、当事務所では遺言者の代わりに自筆証書遺言を保管するサービスを行っております。
なお、公正証書遺言は公証役場に保管されるため、当サポートを利用する必要はございません。

お勧めしたい方
  • 自筆証書遺言作成者で、確実に遺言内容を実現させたい方
  • 概要で述べたような要請に合致する保管場所がない方
料金表はこちら

自筆証書遺言添削

依頼者様が作成された遺言書が、法律的に有効な遺言書として作成されているかどうかプロの視点から確認させて頂きます。
また、遺言書が作成者の意思を実現できるか(例:遺産争いを起こさない等)という内容面についてもチェックいたします。
原案は依頼者様ご自身が作成して頂くことになります。

お勧めしたい方
  • 遺言作成にある程度知識がある方
  • 自筆証書遺言を書いてみたが、専門家にチェックして欲しい方
料金表はこちら

遺言書の”起案”サポート

遺言書に記載する内容について、お客様の要望や財産状況に合わせて起案致します。
実際の自筆や公証役場での手続きはお客様自身で行っていただきます。

お勧めしたい方
  • なるべく費用は安くしたい
  • 遺言に書く内容だけは、専門家のアドバイスを聞きたい方